医師募集ランキング

刑務所の医師募集

医師という資格を有していれば、日本国内のみならず、海外でも活躍することが可能になってきます。特に日本国内においては、さまざまな施設での需要が高く、どのジャンルにおいても、医師が不足している状況にあるようです。その中でも、ここでは刑務所や拘置所で働く医師について、紹介していきましょう。

現在刑務所などの各施設において、求人広告などを出したりなど、求人を広く行ってはいるものの、ほとんど効果がなく、人材が集まらない状況であり、刑務所での常勤医の人数は、過去最少の水準にまで落ち込んでいるという状況なのです。この結果、診察が遅れてしまい、受刑者が死亡してしまうというような痛ましい事態が起こっているのです。

法務省では、この状態をなんとか解決したいとして、民間の病院などに医師の派遣を要請しているものの、引き受け手というものが、なかなかに見つからず、現在焼け石に水の状態になっているのです。医師向けの求人誌や、医師専門の転職支援サービスサイトなどでも、全国さまざまな刑務所の求人広告が多く掲載されているような状況です。

法務省のデータによれば、全国各地に存在する刑務所や拘置所の数は、188箇所もある状況です。その中で、法務省が設定している常勤医の定員は226名。しかしながら、2012年の時点では、187名の確保しかできておらず、80パーセント程度しか人材を確保することができていないのです。しかも常勤医がゼロという施設も全国で12箇所もあり、定員を割っている施設も16施設も存在しているというような状況です。こういった施設では、非常勤の医師をなんとか確保し、やりくりをしながら、常勤医の確保に躍起になっている状況です。

たとえば、ある少年刑務所の求人では、勤務時間は定時で帰宅することができる上、残業もないとのことです。研究日なんてものも、週にある程度の日数を確保することができるために、民間病院のように、忙しい状況になることがなく、ゆっくりと働けるというメリットがあります。

法務省のホームページでも法務省矯正局矯正医官募集ということで、広く人材を募集している状況です。官職としては、常勤医師の国家公務員である法務技官としての待遇になります。応募資格は医師免許を所有しているものであり、定年は65歳ですが、定年延長制度により、勤務延長が認められるケースもあります。給与は医療職俸給表(一)が適用され、勤務時間は1日8時間、週5日勤務という待遇が待っています。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット