医師募集ランキング

公衆衛生医師の医師募集

全国の保健所等でそのエリアの住民に対し、地域保健の役割を担っているのが、公衆衛生医師という職種です。医師の中では、保健所などへの転職を志している方もいらっしゃると思います。ここでは、どのような医師がこの仕事にマッチしているのか、またどのような経験を積むことができるのかを紹介していきましょう。

一般的な医師であれば、患者さんの痛みというものを理解できるということがありますが、公衆衛生医師の場合は、地域の健康問題に関心を沸かせることができるようになり、さらに健康課題というものを感じ取ることができるようになります。興味を抱けば、たとえば結核研究所であったり、国立精神保健センターなどにおいて、専門的な研修を受けることができるようになっており、医師としての知識やキャリアが確実にアップすることになるでしょう。

地域の健康問題というものをしっかりとした形として打ち出し、関係者にその地域の健康課題というものを明らかに示すことが、公衆衛生医師の役割です。このためには、疫学的な知識やスキルが必要になることが多いと言えるでしょう。さらに予防のための健康管理のスキルや知識。また関係機関との調整などの業務が主なものになりますから、コミュニケーションスキルは必要不可欠なものと言えるでしょうね。

また一般的な医師と大きく違っている部分は、行政マンとしての知識や経験が求められるという点です。保健所というものが、民間や公立などの医療機関ではなく、行政組織として位置づけられているのは、個人の健康管理のみならず、そこに居住している地域の住民全体の健康を管理したり、改善する役割を任されているからに他なりません。一般的に保健所においては、一定の行政経験を積んでいくワークプランというものが組まれているために、医師としてだけではなく、行政マンとしての経験や能力を身につけることができるのです。

公衆衛生医師のメリットとしては、緊急時以外は原則として、土日の勤務がないということです。完全週休2日制ですから、さまざまな事情がある医師や、女性の子育てをしながらの医師復職などにも向いていると言えるでしょう。また一般的な病院の勤務医とは違い、明確なキャリアパスが用意されているというのも、メリットのひとつではないでしょうか。それぞれに、給与や地位というものが約束されていますから、その点についても安心ですね。都道府県のホームページや、転職支援サイトを上手に利用し、求人をチェックしておきましょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット