医師募集ランキング

厚生労働省の医師募集

厚生労働省が医師を募集することもあります。厚生労働省といえば、医療活動を監視する省庁とのイメージが強いので意外に思う人もいるかもしれません。しかし、厚生労働省の管轄下の施設でも医師が多数活躍しており、必要に応じて募集を出すことがあります。

厚生労働省の医師募集では、まず検疫所の勤務が挙げられます。海外から帰国する際には必ず検疫を受けることなり、感染症の有無などを確認します。これは、国内に存在しない病原体が入り込んで被害をもたらさないようにするためです。この検疫所は厚生労働所の管轄となっています。

では、検疫所の医師はどのような仕事をしているのでしょうか。感染症の有無を確認する診察のほか、もし病原体が発見された場合には隔離、消毒、治療なども行います。さらに、これから海外へ渡航する人に対して予防接種や健康に関する相談、また、渡航先の国における感染症情報の提供なども行います。世間のイメージに比べるとかなり幅広い役割が求められています。検疫所で働きたい場合には、こうした業務に対して自分に適性が備わっているのかどうかも確認しておきましょう。なお、勤務地は全国の海港や空港の検疫所となります。通勤環境や転勤の有無なども、厚生労働省の医師募集を探していく際にチェックしておきたい点です。

厚生労働省の医師募集の選択肢としては、他にハンセン病の療養所もあります。この施設ではハンセン病の治療だけでなく、皮膚や神経に残った後遺症に対するケアも行っています。そのため、診療科も皮膚科のほか、内科、外科、整形外科、眼科など多岐にわたります。国立の療養所は全国で13ヶ所あり、毎年2〜3名ほどの少人数ながら募集が行われているので興味がある人はチェックしてみるとよいでしょう。

もうひとつ、医系技官も厚生労働所の医師募集に見られる職種です。これは厚生労働省本省や付属機関において、医療・健康・福祉など社会保障に関連する業務を行います。省庁の仕事というとどうしても事務系のイメージが強いですが、専門的な知識を担う技術系の仕事として重要な役割を担っています。公衆衛生の工場や労働環境の整備、少子高齢化の対策など、社会全体が抱えている医療や福祉の問題に対して取り組みを行います。医系技官の募集は求人サイトや転職エージェントではなく、厚生労働省のホームページから直接情報を求める必要があるので細かくチェックしておきましょう。

このように、厚生労働省の医師募集は、やや特殊な環境と業務内容が求められるものが多くなります。これまで縁がなかった分野にチャレンジしてみたい人にも、よい選択肢となるのではないでしょうか。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット