医師募集ランキング

個人病院の医師募集

診療所など小規模な個人病院の医師募集は、求人サイトなどで簡単に見つけることができます。しかし、よい求人を見つけるとなると決して簡単ではありません。大学病院や総合病院に比べると待遇面においてどうしても見劣りする面もありますから、個人病院で働くメリットとデメリットを把握した上で求人情報を吟味していく必要があるでしょう。

個人病院のメリットは、ゆとりある環境で働けることです。当直やオンコールなど激務の原因となる問題も少なく、心身の負担や不規則な生活を強いられずに済む就業環境が多くなります。家庭を持っている人や激務に耐えられず大規模な病院を退職した人にとっては、よい選択肢となるでしょう。一方、デメリットでは、やはり給料面や将来の昇進、昇給といった点で大規模な病院に見劣りする点が挙げられます。また、先進医療など医療の最先端と接する機会が少ないため、スキルを身につけていく機会に恵まれない点もあります。

こうした点を踏まえた上で個人病院の医師募集を確認していくことになるわけですが、現代社会の医療の現場では、個人病院の細分化が進んでいる状況です。医療の進化や細分化にニーズの多様化が加わることで、特定の分野に特化した個人病院が増えています。特に近年になって増えているのが、美容系とメンタル系です。こうした分野では小規模な病院でも最新の治療や設備を導入しているところも多く、スキルを磨きながら働いていけるメリットも期待できます。メンタル系はこれからさらに社会全体で需要が高まっていくことが間違いないだけに、やりがいのある職場と言えるのではないでしょうか。

それから、人工透析や在宅医療もあります。健康状態の悪化が原因で日常生活に支障をきたしている人に対して、診察や治療を行う仕事です。個人病院はゆとりある環境で働けるメリットがありますが、在宅医療の場合には、オンコールや深夜の急な訪問などの可能性があります。そのため、収入も高額になることが多く、中には2000万円前後の求人もあります。また、人工透析も募集こそ多くありませんが、高収入が期待できる職種です。

個人病院の医師募集を調べる場合には、自分に適性があるかどうかも踏まえておきましょう。特にそれまで大病院で働いていた人には重要なポイントです。小規模な病院の場合は患者との距離も近く、日々の生活の中で密接に関わる傾向が見られます。そのため、ただ診察や治療を行うだけでなく、会話を通して患者の健康状態や生活環境を確認するなど、コミュニケーション能力が求められます。専門的な知識よりも患者から信頼される人柄が求められる面が強いのです。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット