医師募集ランキング

研究医の募集

医師といえば、病院をはじめとした施設で、患者を相手に診察や治療といった医療行為を行う仕事というイメージが強いものです。実際、その役割こそ医師に求められるものなのですが、一方では、より効果的で優れた治療ができるよう、日々研究を行っている医師もいます。実際に治療行為を行う医師を臨床医と呼ぶのに対し、こちらのタイプは研究医と呼ばれています。患者に対して直接医療行為を行わない医師です。

そんな研究医の募集は、医療関連の研究施設が行うことになります。大学のほか、研究所などがおもな募集先です。近年、目覚しい医療の進歩や先進医療の導入が進んでいる状況ですが、一方では、研究医の担い手が減少している問題も見られます。やはり、直接医療行為に従事する仕事に魅力を感じる医師が多いのでしょうし、研究医として一人前になるためにはかなりの時間がかかる点も担い手が減少している理由として挙げられます。

では、そんな研究医を目指す場合には、どのようなルートがあるのでしょうか。求人情報をチェックして研究医の募集を見つけて応募するといった形が成り立ちにくく、募集している施設から直接情報収集を行うことが大前提となります。大学病院や研究所のホームページをまずはチェックすることになるでしょう。

また、募集先によって行っている研究分野に大きな違いがあります。診療科の違いだけでなく、同じ診療科でも細かい内容が異なってくるケースも多いのです。医療の最先端と接しながら研究を重ねていくだけに、研究内容も細分化されています。まったく畑違いの分野に入ってしまうと、これまで積み重ねてきた研究医としてのスキルを充分に活かせない恐れもあります。すでに研究医としてのキャリアを持っている人は、この点をよく注意しておく必要があるでしょう。

そして、これから研究医を目指すか、すでに研究医としてのキャリアを重ねてきているかによっても、研究医の募集の確認方法は異なります。前者の場合はいきなり研究医として採用されるのではなく、養成コースなどで必要な教育を受ける必要があるからです。そのため、教育環境が充実している大学の方が応募先として適している面もあります。募集内容をチェックする際には、教育環境や、どのような環境と理念で教育が行われているのかも確認しておきましょう。

募集探しでは人脈も役立ちます。医師として築いてきた人脈のほか、大学時代の人脈もうまく活用し、役立つ情報を幅広く入手していきましょう。求人サイトや転職エージェントからはあまり有効な情報は期待できない分野だけに、自分でどれだけ情報を入手できるかがポイントとなります。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット