医師募集ランキング

保育施設の医師募集

一時期、保育施設で子どもが怪我をする事故が続出して大きな問題となりました。保護者の間で子どもを安心して預けられる環境の整備が求められたこともあり、医師や看護師を採用する保育施設が増えています。突然の怪我や体調の急変に対して迅速に対応できるだけでなく、定期的に健康診断を行うことで、病気のリスクを減らす点も重要な目的となっています。現在、小児科の医師が不足しており、小児科医が激務に晒されるケースも増えています。子どもが好きだけれども小児科での激務にはもう耐えられないといった小児科医の転職先のひとつとして、保育施設が選ばれているといった面もあります。

現在のところ、求人の数そのものは多くありません。看護師はともかく、保育施設で医師を常駐しているところはほとんどないといってもよいでしょう。そのため、募集のほとんどは非常勤の形となります。保育施設が非常勤の形で医師を募集することには、大きく2つのケースが考えられます。ひとつは、他の施設と同様に雇うケースで、もうひとつは開業医と契約するケースです。どちらも内科医が保育施設に定期的に訪れ、子どもたちの健康状態をチェックする業務を行います。全体的に見ると後者のケースが多く見られます。保育施設内で子どもに問題が生じた場合、開業医のもとで迅速に治療を受けることができ、健診で異常が見られた場合には適切な検査や治療環境をすぐに得られます。

ただし、保育施設の医師募集がすべて非常勤というわけではありません。特殊な保育施設においては常勤での募集が行われる場合もあります。たとえば、子どもが病気や病気から回復したばかりで通常の保育施設で預けるのが困難な場合に預ける施設などです。安定した雇用環境で働きたい場合には、こちらの求人も探していくとよいでしょう。

それからもうひとつ、近年増えているのが企業内の保育施設からの求人です。子育て支援や女性の社会進出の推進のために、託児所をはじめとする保育施設を設ける企業が増えています。こうした施設でも非常勤での募集がメインなのですが、複数の企業で掛け持ちで勤務しやすい傾向も見られます。

求人の数は決して多くありませんが、女性医師に向いていることや、病院を定年退職した医師でも働くことができる魅力的な選択肢でもあります。転職先を探している医師は、転職エージェントをうまく活用し、非公開求人などからも情報収集を行っていきましょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット