医師募集ランキング

外務省の医師募集

医師の資格を所有していれば、日本国内においては、他の職種と比較しても良質な待遇を受けることができるとはいえ、より高い条件を目指して転職を希望する医師の方も大勢にいらっしゃることでしょう。そのひとつのステップが、外務省への転職です。外務公務員医療職への転職をここでは紹介していきましょう。

一般的に外務省では、定期的にさまざまなエリアへの在外公館において、医療職に従事する内科医や外科医などの求人を行っているというのが現状として存在しています。特に近年では、アフリカなどの途上国における日本の在外公館で勤務するといったような求人が多く見られています。

募集が出ている案件は、さまざまにありますが、気になってくるのは応募資格というものではないでしょうか。応募資格も求人によって、それこそさまざまですが、その一例を挙げてみましょう。医師としての臨床経験が10年以上であり、年齢が55歳まで。そしてスキル的には、プライマリーケアに対応することができる内科・外科医であること。採用人数は特に設定しておらず若干名。身分待遇は、国家公務員医療職となり、選考内容は、書類審査と面接というものになります。

こういった案件は定期的に外務省のホームページなどにより、募集詳細が載っていますから、外務省への医師転職を目指しているなら、こまめにチェックしておくことをオススメしますよ。しかしながら、現職の医師が、そんなに頻繁に仕事をしながらも、求人チェックをすることは、大変な作業になってくると言えるでしょう。またえ急な欠員などの事情により、採用を急いでいる場合には、一般公開されず、独自のルートを使って人材確保に乗り出す場合も多いのです。

こういったケースで利用するのは、リクルートドクターズキャリアや、MCドクターズネット、医師転職ドットコムなどの医師転職というものに特化した転職支援サービスサイトの非公開求人というサービスです。一般公開される求人は、広く人材を募集できるという点はあるものの、良質であればあるほどに応募が殺到し、選考に時間や労力がかかるというデメリットがあります。前述にあるように、すぐに人材を確保したいという場合には、向いていない募集方法と言えるのです。非公開求人であれば、採用側が出した条件を満たしている人材のみを紹介してくれることになるため、かなりスピーディーに人材確保をすることができるのです。こういったものは、登録をしなければ、絶対に回ってこず、それぞれの転職サイトが独自に保有しているものですから、是非とも利用することをオススメします。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット