医師募集ランキング

病理医師の医師募集

病理医での転職を目指しているのであれば、病理医独特の転職活動というもののコツをしっかりと把握しておくことが、何よりも大事なことになってくることでしょう。

まずは基本的な求人の状況を把握しておくべきでしょう。日本における医師不足は、年々深刻化している状況です。人気の高い診療科は大勢の医師が溢れ、競争状態になっているものの。訴訟リスクが高いなどの理由から、成り手のないような診療科である産婦人科や小児科などのニーズは、非常に高い状況にあるのです。

しかしながら、こういった医師不足が深刻化しているような診療科と比較すれば、病理医の求人はそこまで多くないということが言えるのです。病理医というのは、専門医の資格を取得しているというのが前提にありますから、病理医の資格を取得するというだけでも、非常に時間と労力を要する職種であると言えるのです。

こういった背景があるために、一度就業する場所というものが決まると、その職場から離職をするというケースが極めて低いということが言えるのです。離職率の低い職場なわけですから、募集がかかることは、あまりないということが言えるのです。募集案件が出るとすると、定年を迎え、退職をした人間の人員補充というケースや、女性である病理医が、結婚や妊娠・出産を機に退職するというケースが考えられるのです。

これは非常に少ないレアケースの募集案件ということが言えるでしょう。ですから、募集自体がなかなかにないということが言えるわけです。また募集人員というものが、そんなに多くないということも、なかなかに求人案件というものが出回らない状況を呼んでいると言えるでしょう。

医師を始めとして、医療従事者の転職は、平均で4回から5回と言われていますから、そのほかの職種と比べてみると、かなり多いということが言えるでしょう。しかしながら、病理医だけは、こういった常識が当てはまらないということが言えるのです。求人が出ているケースもありますが、良質な求人となると、なかなかに出てこないというのが現実のようですね。

こういった現状がありますから、通常の求人媒体では、お目にかかることすら不可能に近いような案件なのです。転職支援サービスサイトを利用すれば、良質な案件がきっと見つかるはずです。特にリクルートドクターズキャリアであったり、スマイルドクターなど、医療系に特化した求人サイトであれば、病理医の非公開求人も多く保有していることでしょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット