医師募集ランキング

性病科の医師募集

まだまだ性病科という診療科目が設置されている病院は少ないですが、近年では中小規模のクリニックを中心に、性病治療のみを取り扱う性病科が増えています。性病とはもともと性行為によって感染する病気で、自覚症状がはっきりと出にくい病気もあったりします。そのため、気づかないうちに他人へ移してしまったりすることも多く、性病科を訪れる患者数も右肩上がりに増えているのだとか。しかも、性病は毛じらみ以外は自然治癒することはないため、治療するためには病院にかからなければいけません。そのためこれからも性病科の医師のニーズは高くなっていくと考えられます。

性病科を専門としている医師が、転職先を見つける場合にはなかなか困難かもしれません。それは、性病科という診療科目を設置している病院がまだまだ少ないから。患者は女性なら婦人科に足を運び、男性なら泌尿器科を受診するケースが多いため、性病を専門とする医師も、性病科以外に婦人科や泌尿器科も視野に含めた転職活動をしたほうが良いでしょう。

このうち、本来の専門は性病科だけれど女性の性病治療も取り扱っている婦人科への転職を考えた場合、婦人科で取り扱っている治療は性病治療だけではないことは理解しておかなければいけません。婦人科では、不妊治療や小外科的治療、保存的治療、予防医学など幅広い分野のケアを取り扱っています。婦人科への転職を希望する場合には、こうした分野における知識や経験、技術も兼ね備えていたほうが転職先を見つけやすいと言えるでしょう。

また、病院によっては婦人科という診療科目ではなく、産婦人科という診療科目になっている病院も少なくありません。この場合、婦人科治療だけではなく、産科も担当することになるので、性病科での外来オンリーの勤務と比べると圧倒的な激務になってしまいます。昼夜を問わずに出産は始まりますから、昼も夜も関係なく不規則な勤務時間に精神的にも肉体的にも大きな負担となってしまいます。

産婦人科の中で性病治療を行うのではなく、性病科を扱う専門科目への転職しか希望しないという場合には、全国的に絶対数が少ないため、転職先を探す範囲を広くしたほうが仕事が見つかりやすいのではないでしょうか。場合によっては転職に伴って引越しても良いぐらいの覚悟があったほうが、短期間に転職先を見つけやすくなりそうですね。家庭と仕事の両立という面では、外来のみのクリニックへ常勤するのが理想的と言えるでしょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット