医師募集ランキング

放射線科の医師募集

全国的に医師が不足している放射線科。海外では放射線科の医師は脳外科や心臓外科の医師よりも高額を稼ぎ出すというケースもあるようですが、日本国内においては放射線科の医師はまだまだ人数も少なく、収入面でも診療科目別のトップレベルというわけではないようです。しかし、放射線科を専門とする医師の絶対数が少ないため、全国的にニーズが高く、転職をする場合には比較的高待遇で転職できるケースも多いようです。

放射線科の医師に求められる職務のメインは「読影」。つまり、レントゲン写真を読み取り、そこから疾患や病名を判断するという職務です。読影の仕事も、大きく分けると病院で行われる治療のための読影もあれば、人間ドックなどの検診施設で行われる予防医学を目的とした読影もあります。どちらの場合でも読影できるのは放射線科の医師でなければいけないため、そうした点でも医師のニーズは病院や検診施設など、あらゆる場所にあると言えるでしょう。

日本人の健康ブームに伴って全国あちこちにたくさん新設された人間ドックや検診施設。こうした施設では放射線科の医師のニーズがあるため、医師募集も全国各地にあるのがこの診療科目の特徴です。診療科目によっては地方ではほとんどニーズがなく、専門性を生かした転職をしたいなら都市部の大規模な病院でなければいけないというケースもありますが、放射線科目の場合には全国どこにでも、大きな病院から小さな検診施設まで、幅広い職場への転職が可能となります。

基本的に人材不足になっている診療科目のため、医師の読影作業はかなり多忙を極めることが多いようです。常勤雇用の場合には毎日かなりの量の読影をこなさなければいけませんし、アルバイトの場合には、読影1枚当たりいくらという報酬が支払われることが多いようです。現在仕事をしながら放射線科への転職を考えている場合には、まずはアルバイトで読影バイトをしてみるのも良いでしょう。読影のバイトは比較的割が良いため、医師にとっては効率的なアルバイトとして人気のようです。

医師不足が深刻な病院では、放射線科だけではなく内科医としての常勤も兼ねている病院もあるようです。この場合、内科としての経験がまったくない場合には転職することも難しいですが、内科は他の診療科目と比べると比較的こなしやすい診療科目なので、経験がなくても雇用に結びつく病院も多いようです。複数の病院の待遇や職場環境などを比較検討しながら転職先を決めると良いでしょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット