医師募集ランキング

医眼科の医師募集

みんなの眼を守れ!眼科の医師募集

医療の進歩とともに、さまざまな治療方法が開発される世の中。 眼科についてもそれは同じで、近年になって新たな眼の治療法や、視力矯正法などが行われるようになりました。 しかし残念なことに、医療事故なども後を絶ちません。

「銀座眼科」でレーシック手術を受けた患者が相次いで感染症を発症した事故では、業務上過失傷害容疑で元院長が逮捕、起訴されるなど、悪質な診療行為が行われました。 この事故はレーシック手術以前の問題が原因であったと言われていますが、医師としての立場を忘れた不祥事でした。

高度に進化する医療の現場にあって、眼科の医師として求められる資質とはなにか? 医師ひとりひとりが常に向き合わなければならない問題なのではないでしょうか。 そのような問題と真摯に向き合う眼科の医師を募集する医療機関がいま増えているそうです。

現代の『眼』に警告

携帯電話やコンピュータが普及した現代社会では、これまでと違った電子的な光や信号によって眼の機能が疲弊し、さまざまな病の原因となることがあります。 ここでは現代の眼の健康についての注意点をご紹介します。

さきにも述べた視力の矯正法であるレーシック手術。 眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放されるために、いまこの手術を受ける人が増えています。 レーシックとは、角膜をレーザーで削り、角膜のカーブを変えることによって屈折異常を矯正する手術方法のひとつです。 この矯正法には、夜間に視力が低下する、術後に角膜の変形や混濁がみられる、ドライアイになるなど、さまざまなデメリットがあります。 担当の眼科医師とよく相談のうえ、デメリットについても理解したうえで、手術にのぞむようにしていただきたいと思います。

また昨年あたりから普及が始まっている3D映像。 テレビやゲーム機など、今後もその普及は拡大し続けるものと思います。 これまでの2D映像でも言えることですが、快適な視聴環境を整えることが眼の健康には必要です。 快適な視聴のためには、50インチのテレビで2mくらいの適切な視聴距離をとることや、疲労を感じたら適宜休憩すること、視力を眼鏡やコンタクトで矯正すること、6歳未満の視覚の発達期にある小児は視聴を控えるなど心掛けましょう。

望まれる眼科医の活躍

眼の医療の専門家である眼科の医師の募集は、ますます増え続けているようです。 それは医療の進歩と、社会の進歩によって、眼の重要性や使い方に変化が起きているからではないでしょうか。 今後も進化しつづける社会を支えるためにも眼科医の活躍が望まれているのです。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット