医師募集ランキング

訪問診療の医師募集

日本の医療体制は「訪問診療」の普及によって大きな変革期を迎えたと言われています。特に2006年に厚生労働省によって訪問診療に関わる制度が整えられて以来、この制度の利用者およびサービスを提供する医療機関が大幅に増加しました。その結果として在宅医療に携わる医師の求人も近年増加傾向にあります。では訪問診療のサービスを提供する医療機関で就業しようと考えている人は、事前にどんな点を理解しておく必要があるでしょうか。1つ目は「勤務体制」、2つ目は「給与体系」です。

「訪問診療」と「往診」を混同している人が少なくありません。「訪問診療」とは通常病院で受ける診療を患者の自宅もしくは施設で実施するもので、病院に通院する場合と同様医師が立てた診療スケジュールに沿って訪問を行います。この定期的な診察以外に急きょ訪問して診察するのが「往診」なのです。ですから医師にはカルテや処方箋の作成など病院内と同様の作業を行うことが求められます。求人の中には「訪問診療100%」というものもあれば「訪問3割、病院や施設7割」というものもあります。ですから求人に応募しようと考えている人は「どのような勤務体制で働きたいのか」を前もって決めておく必要があるでしょう。

訪問診療医の募集案件を見ると、給与は比較的高い水準であることが分かります。年収1400万円から1800万円程度が一般的な相場であるものの、中には「年収2000万円を保証します」というものも見られています。この理由としては「24時間対応が求められること」や「医療に関する幅広い知識と経験が求められること」などが挙げられるでしょう。もちろん訪問診療サービスを提供しているほとんどの医療機関は複数の医師によるバックアップ体制を取っているので、患者さんからの呼び出しにどうしても対応できないという時には別の医師に代わってもらうことも可能です。とはいえ、「病院で診察を受けるのと同様のサービスを提供する」という理念から考えて、緊急事態には主治医が対応するのが望ましいとされています。それで求人に申し込む前にはこうした拘束時間の長さなども考慮しておくのが賢明です。

訪問診療医は病院との連携だけでなく介護施設やケアマネージャーとも連携して患者のサポートに当たります。申請を受けた時には主治医としての意見書などを作成する必要もあるので、経験を重ねていくことで介護に関するエキスパートとなることができるでしょう。高齢者医療に関してスキルアップを望んでいるなら、訪問診療医の求人を探してみましょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット