医師募集ランキング

オンコールなしの医師募集

「医師という仕事は激務である」と言われる原因の1つに「オンコール制度」があります。オンコールの担当になった医師は緊急搬送されてきた患者がいた場合すぐに対応できるよう常に万全の状態で待機しておく必要があります。そのため休日や祝日で自宅にいたとしても気が休まらないと感じる人が多く、「オンコールなしの職場に転職したい」と考えるようになるのです。では「オンコールなし」の求人を見つけることは可能なのでしょうか。

複数の診療科を持つ総合病院では「オンコールなし」の求人を見つけるのはかなり困難です。総合病院では内科や外科だけでなく、皮膚科や心療内科など診療科の枠を超えて当直勤務をローテーションで行っています。もし専門外の疾病を持つ患者が緊急搬送されてきた場合には、対応ができないということも当然生じ得ます。そのため総合病院では「オンコール制度」が不可欠なのです。時折募集要項に「宿直・オンコール対応に関してはご相談に応じます」と書かれているケースがあります。これは「親の介護をしている」「まだ子どもが小さいので手が離せない」といった状況にある場合には考慮してもらえるということを意味しています。オンコールを待って待機している状態では特に手当が発生することはなく、また緊急に病院へ行かなければならなくなったとしても、実働の時間分だけが別途手当として払われるだけです。ですから「オンコールなしでの就業をお願いしたら年収が下げられてしまうのでは」と心配する必要はほとんどありません。

一方専門のクリニックや入院施設を持たない規模の小さな病院では「オンコールなし」の求人がかなり多く見られます。頻繁に見られるのは精神科や美容外科クリニックなどです。婦人科専門の病院やリハビリテーション専門の医療センターなども「オンコールなし・当直なし」で医師の募集を行っています。また「完全予約制診療」を実施している病院を探すのも良いでしょう。こうしたクリニックでは専門スキルを活かして働くことができるというメリットもあります。

規模の大きな病院や複数の診療科を抱えるクリニックであっても、「週末・祝日専門」の医療チームをつくることでオンコール制度をなくすことに成功したケースもあります。「オンコール制度のない病院の求人がどうしても見つからない」という場合には、募集を行っている医療施設に直接連絡して自分の希望について相談してみるのも良いでしょう。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット