医師募集ランキング

子育て向けの医師募集

女性医師の数は全国で6万人を超え、その数はさらに増加しています。とはいえ、女性医師となった人のおよそ8割が就業後10年以内に離職してしまっているというデータもあります。これは出産と育児という大きな変化に対応するため、仕事を辞めてしまうケースが非常に多いことを示しています。では子育てと仕事を両立できるような支援システムを準備している医療機関や求人情報はないのでしょうか。ポイントは「どのような子育て支援を望むか」という点です。

「小児科」や「産婦人科」などでは女性医師が全体の半数を超えており、またその大半が20代から30代であることから、出産や子育てをしやすい環境作りがとりわけ進んでいると言えます。クリニックの規模を問わずほとんどのケースで院内保育が実施されており、また子どもが体調を崩した時にも休みが取りやすくなっています。産婦人科を持つ創合病院では「病児保育」を実施して働きやすい環境作りを推進している事例もあります。また時短勤務を導入していることも多いことから、育児と仕事を両立しやすい環境と言えるでしょう。「時短勤務の場合は75%の給与支給」という政府の指針があるものの、中には支給割合を更に高くしたり、各種手当を手厚くすることで子育て支援を行っている、というケースも多く見られています。

「当直やオンコール対応を免除してほしい」という場合は、小規模で入院施設を持たないクリニックの求人を探すと良いでしょう。総合病院や大学病院では「当直免除」をしてもらうために各診療科内だけでなく、他の診療科で働く医師の了解も得る必要があります。とはいえ他の科にも子育てをしながら当直業務をこなしている女性医師が就業していることが多いので、特例措置を受けるのはかなり難しいでしょう。中には「祝日の日直業務を引き受けるので、当直を免除してほしい」という申し出をすることによって特例措置を受けることに成功した人もいます。「どうしても働きたい大学病院がある」という場合には採用担当者と粘り強く交渉してみるのも良いでしょう。

「子育て支援」を掲げる病院の中には、子育て中の医師を募集する際に週2日ないし3日の「非常勤採用」をすることによって、より自由度の高いスケジュールで働けるようにしている、というケースもあります。この場合は当直もなく、週末を固定休にすることも容易です。ただし病院によっては「家族手当」などの各種手当の支給はなされないことがあるので、申し込む前に確認することが大切です。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット