医師募集ランキング

院長になれる医師募集

医師として働いていくならば、院長を目指すこともあるでしょう。しかし、自身が働いている病院が大病院である場合には、多くいる医師の中から選ばれて院長のポストに就くこともあります。その選ばれる中に入ることは容易ではないのです。ただ、小さい病院野場合だと院長としての求人もあります。こうした求人に応募して院長として勤めていくことができたなら、今後医師として知っておくべき事柄などについても知識を身に着けることができるでしょう。そういったことから、小さめの病院で院長と働いた後に自身で開業をする時にも大いに役立つのではないでしょうか。トップの職に就き仕事をすることは、キャリアアップにも繋がることでしょう。

いずれ開業をしたいと考えていても、まだ自分の病院を持つには不安も残っていると言う医師には、院長の募集に応募をすることも適しています。病院で勤務をしていると、患者の方の診察を多くすることで経験を積んでいくことが可能になります。しかし、開業を視野に入れていても病院の経営などについて勉強ができるという機会はあまりないかもしれません。そういった意味でも、院長の募集に応募をすることが適した道となるのです。

クリニックで院長を募集していることがありますが、この多くは医療法人が求人を出しています。しかし、中には開設者や管理をする人ということで、一般企業が求人を出していることもあることを覚えておきましょう。医療法人の求人と同じ様に院長を募集しているようにも思えるのですが、一般企業での募集は雇用に関する点に違いがあるのです。通常は、一般の企業が医療機関を経営することはできないのですが、実際には経営されていることが多々あります。医療法人であれば、開設者の名義が医療法人の理事長のものとなります。

しかし、一般企業の医療機関の場合は雇われた院長が個人で開業をするという方式となります。そして、開設者や管理者の名義人ともなるでしょう。ということは、保健所の申請時や医療機器をリースする際にも院長の名義が使われることになりますし、医療事故や経営破たんなど、何かトラブルが起こった場合には責任をとらなくてはいけなくなるのです。病院の収入については、まず院長に入る形になりますが、コンサルティング料などという形態で母体となっている会社に支払われることになっていることが多いです。クリニックなどの院長になることは、やりがいもあることでしょう。しかし、こうした違いがあることにも注意をすることが必要だということです。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット