医師募集ランキング

20代の医師募集

医学部卒業後に臨床研修医制度を終えた20代の医師たちはそれぞれ自分の専門分野を見定めて職場を探すことになります。とはいえ、大半の人は研修を受けた大学病院や総合病院に残り、さらに研修医としてスキルを磨いていきます。研修医の平均的な年収はおよそ300万円から500万円とされており、経験できる症例数も病院によってまちまちです。では20代の医師で「もっと専門のスキルを磨きたい」「待遇の良いところで勤務したい」と希望する場合、どんな求人情報を見つけることができるでしょうか。

全国的な傾向として20代の医師を積極的にポテンシャル採用しているのは「麻酔科」と「精神科」です。麻酔科医は慢性的な人手不足が続いており、また現在就業している人の高齢化も進んでいます。そのため20代もしくは30代の医師を積極的に募集しているわけです。また未経験の受け入れを前提に募集を行っているため、採用後の研修体制も非常に充実している事が多く、まだ現場経験の少ない20代の医師にとっては働きやすい環境が整っていると言えるでしょう。研修を終えて1人でオペの立ち会いができるようになれば年収も大幅にアップします。20代で年収1000万円以上支給されていることも珍しくありません。

医師の不足に悩んでいるのは精神科も同様です。「心の風邪」と呼ばれるうつ病や双極性障害に悩む人が増えていく一方で、その診察を行うことができる医師はほとんど増加していません。そのため若い医師を採用して精神科医として育て上げていこうと考えている医療機関が非常に多いのです。研修はマンツーマンで行われることも多く、精神科の治療に関して基本から学んでいくことができます。経験を積んで専門医の認定を受ければ収入は大きくアップします。年収1500万円から2000万円ということも珍しくありません。ただし精神科では当直業務が頻繁にあり、精神科棟で投薬中の患者が体調を崩すケースも少なくないため、より体力のある男性医師の募集が多くなっています。

20代であれば地方の病院やクリニックの募集もかなり多く見つかり、給与などの待遇も非常に良いことでしょう。ただしそうした小規模の病院やクリニックでは、大学病院のように最新鋭の医療機器を用いた治療が行われているかどうかはわかりません。「20代はスキルアップのために時間を用いたい」と考えている人は、募集先の医療体制や技術レベルなどをきちんと確認してから応募することをお勧めします。

(※)医師の方で求人・募集サイトをお探しの方は、まずはリクルートドクターズキャリアなどの大手サイトを利用されてみて下さい。利用料はもちろん無料です。医師転職サイトを使えば求人案件の紹介、履歴書作成、待遇交渉など全ての必要事項をサポートしてくれます。求人案件を閲覧するだけでも結構ですのでまずは初回登録にお進み下さい。



TOP

医師募集サイト

科目別の医師募集

条件別の医師募集

地域別の医師募集

その他

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師募集ランキング All Rights Reserved.
[他・医師転職サイト] FAドクター 求人ER メディカルプラネット スマイルドクター 医療人材ネット